医師事務作業補助がドクターの秘書|事務のエキスパートになれーる

秘書として働こう

スーツの女性

医師の仕事は診察や治療だけでなく、カルテの入力や診断書の作成など事務的なこともあります。そういった事務作業を手伝うのが医師事務作業補助です。資格を取得すれば長く働くことが出来るため、最近注目度が高いです。

» 詳しく見る

必要とされる役割

医者

医療機関で診察を受けると診療報酬明細書に初診料や検査料など、様々な項目が掲載されます。その中で医師事務作業補助加算というのもあり、医師事務作業補助がいる医療機関では診療報酬明細書に記載されるようになりました。限られた医療機関でしか加算出来ないようになっていますが、近年は加算出来る医療機関が増加し始めています。そのため、これからは求人数もアップすると言われています。求人は職業紹介機関や求人サイト、求人情報誌などで確認することが出来るため、医師事務作業補助の資格を取得した方は求人検索をしてみましょう。職業紹介機関に行くと、求人サイトに掲載されていない募集もあるため、職業紹介機関を活用した方が幅広く医療機関を探すことが出来ます。

医師事務作業補助は正社員、アルバイト、パートなど様々な雇用形態で働けるため、自分のライフスタイルを考えた上で応募してみると良いでしょう。家庭を持っている方はアルバイトやパートの方が短時間働くことが出来るため、仕事と家庭の両立に問題はありません。給料はおおよそ900円程度です。正社員だと月に15万円以上の給料を受け取ることが可能です。経験が長ければ長いほど、どんどん給料が上がってくるため経験は積んでいた方が良いです。アルバイトもパートも正社員も医療機関によって、多少は給料に誤差があります。医師事務作業補助は資格があり医療機関ということもあって比較的に給料は高めです。今の日本は病院に通院する方が多くなっています。そのため医師の仕事量が膨大になってきているため、医師事務作業補助という仕事が最重要なのです。

通信で資格をとる

勉強をしている女性

スクールへ行かなくても通信講座を利用して、医師事務作業補助の資格取得を目指せます。DVD講座で勉強が出来るため、集中力も高まります。通信講座はしっかりと選んでから決めましょう。

» 詳しく見る

安心な合格率

確信の表情の女性

低い級だと合格率は高いため最初は3級などから資格を取得して、難易度が高い資格に挑戦をすると良いでしょう。医師事務作業補助の資格講座は資料を請求することで、良いものが選べます。

» 詳しく見る